<< カーボカウント −  | main | 生活改善・間違いなし >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

カーボカウント − 

カーボカウンティングについて、これまで二度に渡り解説してまいりましたが、
これは基本的な考え方(雛形)であり、そのままの形で使えるものではありません。

現に私自信、カーボカウンティング(カーボカウント)による血糖コントロールをはじめた頃は、
思う様な結果が出せず、試行錯誤しました。
このコントロール方法を知ってから、食事(朝昼晩)毎に摂取する炭水化物量を固定しました。
主食(ご飯、パン、麺類等)で70〜80g、これにお菜に含まれるものも加味し
アバウトに100gほどの摂取を心がけています。

カーボカウンティングの考え方でいえば、これに対応するインスリンを注射すれば
万事上手くいくはずなのですが、 ところがどっこい そんなに簡単にはいきません。
三大栄養素の残り二つ。タンパク質、脂質は血糖値を上げないとされています。

???
では何故でしょう?
今回はこの要因の一つについて解説します。

それは、タンパク質、脂質が関係しているのです。(と思われます)
前記したようにタンパク質、脂質は血糖値を上げませんが、炭水化物からブドウ糖に
分解される時間を遅らせ、結果的に上昇を生んでいるようです。
つまり、
投与したインスリンが作用(超速効型であれば10分〜2時間)している時間内に十分な
ブドウ糖分解がおわれず、結果的に時間外に作られたものが代謝出来ない。
インスリン投与不足では無く、タイミングズレが起こっているのだと思われます。

これを裏付ける事象として、天ぷら等の揚げ物系はインスリンを増量しても
全く効果がありません。
それどころか、食後1時間あたりに低血糖となり、2時間を過ぎた頃から、じわじわと上昇に転じ
3時間から最高値になり、最悪次の食事まで落ちる事はありません。

また、最近新たに分かったのですが、タンパク質も脂質のような、ブドウ糖分解を遅らせる作用があるようです。

それでは、タンパク質、脂質を多くとる場合はどのように対処すれば良いか?
全く面白くない回答ですが... 食べ過ぎない がお勧めの方法です。
ただし、脂質でも魚系の油は然程影響無いようです(私は上がりません。体質に起因するかも?)

それと、どうしても多く食べたい場合は、 追加打ち だと思います。
食後3時間の血糖値を測り高ければ追加打ちする。(脂質が影響している場合は食後2時間血糖は低く出ます。
2時間後が高いのは食前のインスリン量が少ない)
具体的には、6単位の打つべきところを4単位:2単位に分けるとか、3単位:3単位に分けるとか
自分にあった方法を見つけることです。

※胃腸障害がある方もブドウ糖分解時間が遅れ気味になるらしいです。

長くなりましたので、本日はこれで終わります^^

グッド 励みになります! クリックお願いします − 人気blogランキング


□ なんでも掲示板開設しました 皆さんどんどん書き込んで下さい □
posted by: コクボ | カーボカウント | 17:53 | comments(10) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:53 | - | - |
コメント
 
2006/03/22 7:50 PM
Posted by: muni
コクボ教授有難うございます。概念は理解できますが、こればかりは実際経験を積んでみないことには^〜^。体調の善し悪し(これ一番厄介です)や運動量等を総合的に判断、運営しなければなりませんね。病食は楽です。うーーーん困ったちゃん。
2006/03/23 12:12 AM
Posted by: ちりか
やっと克服したと思っていた納豆でつい先日
ヤラレましたよ・・・2時間値200超え〜ッ!!
(-_-+)
2006/03/23 7:03 AM
Posted by: コクボ
muniさん、おはようございます。
そうなんですよね。血糖コントロールは様々な要因が入り乱れ簡単ではないです。
運動、体調、...ストレス等。
万能ではないですが、カーボカウントは間違いなく役立ちます。
これからも、極めていこうと思ってます。
2006/03/23 7:09 AM
Posted by: コクボ
ちりかさん、おはようございます。
納豆と言えば...。
私は一昨日、白いんげんにやられたようです。
それに、おはぎにも。
お彼岸は拷問のような一日でした。
一昨日、昨日と連敗です。^^;
2006/03/23 4:21 PM
Posted by: ぽちゃ
コクボさん、よく研究されていますね。
ほんとカーボだけにとらわれますと分からなくなりますが・・からだって色んなことに影響を受けていますからね。
コクボさんのように炭水化物を固定してしまうと、他の要素が、どのように作用するのかが見えて来る気がしました。
頭では分かっていても実践するとなると難しい私です。まだまだ行動に移していないので、トライしなくては。
2006/03/23 9:10 PM
Posted by: コクボ
ぽちゃさん、こんばんは。
実験好きのコクボです^^
確かに血糖値は様々な事に影響されるようです。
しかし、カーボカウントや食べ合わせ等の食系、運動系(有酸素、無酸素)など、色々実験してみると面白いです。
また、それぞれ状況(体質、病状)が違いますので、最終的には自分で試すしかないと思います。
頑張って下さい。
2010/03/07 10:19 PM
Posted by: ryo
はじめまして。
最近になってカーボカウントという言葉を知りました。

今まで、たんぱく質だとか炭水化物だとか考えずにカロリーに比例してインシュリンを増減させて打ってきました。
その考え方だと危険でしょうか?
2010/03/10 4:22 PM
Posted by: コクボ@管理人
ryoさん、こんにちは。
ご連絡遅くなりました。
摂取カロリーとインスリンは比例しないと思います。
全く合わないとは言いませんが、炭水化物の摂取量に大きく影響されるようです。

例えば、脂分の多いお肉はカロリーは高いですが、単体で食べても血糖値はそれほど上がりません。
しかし、ご飯やパン等の炭水化物はカロリーは低くても血糖値を大きく上げます。
ほとんどの方は、肉だけ、ご飯だけみなたに単品では食べないので、気づきにくいと思います。

試しに、焼肉だけ食べてみてください。
カロリー数でインスリンをあわせると九分九厘低血糖になります。

私の場合は、炭水化物を固定した食事にしています。
ご飯であれば200グラムを目安にします。
脂質やタンパク質も炭水化物ほどではありませんが、血糖値を上げますので考慮しています。
タンパク質を多く摂る場合は、1単位増量とか、脂質を多く摂る場合は少量追加打ちします。

最後になりましたが、カロリー数で安定しているのであれば、あえて変える必要はないと思います。
危険ではありません。
2010/03/22 8:16 PM
Posted by: ryo
丁寧に説明してくださってありがとうございます(^^)

今まで、カーボカウントというものを知らなかったので、衝撃的でした。
今まで、カロリーに合せるような感じで打っていたので、やけに高くことがありました。

炭水化物、脂質、たんぱく質の血糖値の上がり具合を把握しないといけないんですね…

今度、主治医に相談してみたいと思います。
2010/03/23 8:40 PM
Posted by: コクボ@管理人
ryoさん、こんにちは。
血糖値を上げる大きな要素は炭水化物です。
だだし、タンパク質もある程度は血糖値を上げますし、脂質は血糖値の上昇を遅らせます。
この三つをおさえれば、コントロールしやすくなります。

カーボカウントは極端な糖質制限とは違います。









トラックバック
 
http://iddm.jugem.jp/trackback/165