<< これでは駄目だ | main | 実践 医療費控除 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

医者がすすめる専門医

皆さん! タイトルにある『医者がすすめる専門医』って番組、ご存じですか?
知られておられる皆さんは、なかなかに健康オタクかと。

この番組は、BS-i(TBS)で放送している『医者がすすめる専門医』という番組で、
他の健康系番組とは一線を画す、本格的な医療番組です。
その為、内容が微妙に難しかったり、手術画像などのエグイものも、モザイク無しで流れてきます。

以前、このブログで紹介した、人工膵臓もこの番組で知りました。
昨日の夜、たまたまこれを見ていますと、私達に非常に関係深い、
重症下肢虚血』についてやってましたので、ご紹介します。

『重症下肢虚血』とは、様々な要因により、動脈閉塞(動脈が詰まる)が起こり、それにつながる
末梢毛細血管に血液が流れなくなることにより、主に手足が壊死してしまうものです。


私達の高血糖症は、発生要因の主たる要因であり、警戒しなければならない合併症の一つです。
この状態になってしまうと、血液が流れなくなった部分が、腐るため一般的には
切除する方法がとられています。
現在でも多くの医療機関で、切除方法を用いているようですし、患者自身も「この方法しかない」と
思っているようですが、実は切らなくても良い方法があり、千葉大医学部を初めとする
いくつかの病院で実践されています。

その方法とは、『血管再生医療』と呼ばれ、壊死した毛細血管を作り直すものです。
患者の血液を250CC前後採取し、血液の中からサイトカインと言う物質を抽出します。
このサイトカインを末梢神経が壊死している部分に筋肉注射していきます。
放送されていた患者さんの場合、片足のひざから下の部分で約60カ所注射されてました。
筋肉注射を一度に60カ所も行うと、さすがに痛いので、効果の極穏やかな全身麻酔を行います。

僅か15分ほどで終了し、患者さんも直ぐに目覚めます。
切開するわけではないので、麻酔から覚めても痛みはないと思います。
時間(数日間かな?)をあけ、これを二度行います。

こんな、嘘のような簡単な治療で、80%の成功率を誇り、切除しなくて良くなるそうです。
仮に、効果が出なくても、手術のリスクも限りなくゼロに近く(全身麻酔を使うので0ではないと思います)、
施術費も一回で9.5万円前後(千葉大医学部)だったと思います。
二回行いますので、合計20万円程度で出来ます。

出演されていた、千葉大医学部循環器科の小室先生から一言
『現在でも、重症下肢虚血の場合、多くの医療機関では切除という方法をとっている。
 しかし、再生医療の実績は80%以上と高く、切除する前に相談して欲しい』

この番組を全て見ていたわけではなく、細かな点で間違った表現があるかもしれません。
詳しくは、お近くの循環器科でお尋ね下さい。


1月 24日のコントロール
朝食前   69 Q6+Q1
3時間   - - 
昼食前   66 Q6+Q1
3時間   - - 
夕食前   91 Q6 バイク35分
3時間   - - 
就寝前   96 N6
赤−血糖値 青−インスリン注射単位

  一日一回! クリックお願いします − 人気blogランキング参加中

□ なんでも掲示板開設しました 皆さんどんどん書き込んで下さい □
posted by: コクボ | 情報 | 17:05 | comments(8) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:05 | - | - |
コメント
 
2007/01/25 9:04 PM
Posted by: 風変わりな男
これは心強いですねぇ!
もちろん、もしなっても安心とか言う意味じゃありませんが・・・。^_^;

切るのが当たり前だと思われていたものが切らなくても済むなんて、
夢のような話です。
やはり情報は大事だなぁ、と改めて思いました。

医学は着実に進歩してますからね。
色々な意味で諦めとか絶望とかは必要ないですね。(^^)v


ところで60ヶ所の筋肉注射・・・。
耐えられそうに思ったんですがアマいですかね?(笑)
(腕ならまだしも足は痛そう、かな・・・
2007/01/26 12:48 PM
Posted by: コクボ@管理人
風変わりな男さん、こんにちは。
私も同じく、心強い情報だと思います。
いくら血糖コントロールを厳格に行っても、遺伝的な要素などで、
血管が脆ければ、可能性は出てきます。(もしもの備えは必要です。)
筋注の件ですが、多分、麻酔無しでは苦痛だと思います。
ただ、全身麻酔はリスクがあるので、せめて部分麻酔で出来ないものかな?と思います。
2007/01/26 6:23 PM
Posted by: 樫
なんかほっとしますね・・・。
病院でも片足、もしくは両足切除されてる方を見かけますし、自分にも関係の無い話ではないなと気を引き締めています。これまでは切除しかなかったですし。。。
5年10年と劇的に変化するのだと心強く感じました。患者への術後身体の負担も殆どないわけですね〜、素晴らしい。
2007/01/26 8:43 PM
Posted by: コクボ@管理人
樫さん、こんにちは。
別の番組で、著名な医師が血管について話されていました。
「血管の強度は個人差が大きく、脆い薄皮のような作りのものもあれば、
鉄パイプのような強靱なものもある」
だから、コントロールが良くても「絶対」は、無いと思っています。
本当に嬉しい話しです。
2007/01/26 10:18 PM
Posted by: Buhi
人工血管・神経等って何・・・・・・超ムズ。腐った足が蘇る?ゾンビ? ヘ(´ω`;)ノ
2007/01/27 1:31 PM
Posted by: コクボ@管理人
Buhiさん、こんにちは。
正にゾンビっぽい話しですが、事実です。
「人間の体!恐るべし」ですね。
ただ、腐ってしまっては遅いので、この治療は腐る前に行います。
2007/01/27 7:01 PM
Posted by: Buhi
こんばんは御主人。
そこなんですよ。じわじわ徐々に末梢神経・血管が死んでいくので、腐り具合の判断が難しいのです。またそれは全身に及ぶ。
私の寝たきり糖尿病知人は触っただけで皮膚がズル剥けなのだ(≧0≦)彼には600箇所以上刺してもダメな気がします。とほほ〜
2007/01/28 5:19 PM
Posted by: コクボ@管理人
こんにちは。
重症の方の写真や話しは聞きますが、その様な方が近くにいないので
実感がわきません。
buhiさんのコメントで、ふと思ったんですが、末梢神経がかなりやられた状態だと、血管注射の痛みは感じないんでしょうね。
番組の患者さんは、何故、全身麻酔していたのだろう???
今考えると、不思議です。
ま、それはそれとして、お互い腐る前に対処できるよう心がけましょう。









トラックバック
 
http://iddm.jugem.jp/trackback/307