<< 父の日のプレゼント | main | ビリー隊長、来日 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

栄養指導

今でも時々、カミさんと栄養指導の話題で盛り上がることがあります。
そのは次の内容です。

私が教育入院していた病院では、糖尿病の知識を得るため糖尿病教育ビデオを
見る時間が設けられています。一日に1時間程度だったと記憶しています。
朝食後の運動を終え、軽くシャワーで汗を流した後、ナースステーションに
ビデオを借りに行き、談話室で見るんです。
書いてて懐かしい(^_^)

入院当時は、糖尿病の知識など、ほとんど無かったので、ビデオを見ては、
感心したり、驚いたりと、見るもの聞くもの全てが新鮮でした。

そして今でも、話題に上る伝説のビデオがあります。
そのビデオの内容は、「糖尿病のお父さんが、食事制限に取り組んでいて、家族が
協力していく」栄養指導用のビデオです。
この中で、お父さんが「200ccの牛乳を飲もうとするのですが、飲んでしまうと
カロリーオーバーになるので我慢する場面」があります。
そして、お父さんを気遣う娘さんは、自分が食べようとしていたミカンを我慢するのです。

けっこう、私的には、衝撃でした。だって、僅か200ccの牛乳が飲めないんですから。
夢も希望もなくなり、ビデオルームで泣きそうになりました。(;。;)
その当時、全く疑いもなく、「これが正しい食事療法(栄養指導)だ」と信じていました。

ところがどうでしょう。
私がすり込まれた、一日1,600Kcalの摂取カロリーは、成人男性が減量、もしくは、
体重を現状維持するためのものです。

退院して、今の主治医に変わってからカロリー制限が外されましたが、
すり込みの影響力は強く、かなり長い間、間食したり、カロリーを摂りすぎると
罪悪感がつきまといました。
しかし、食事制限を守っていたとしたら、今頃はどうなっている事やら・・・。

発症パターンの違い、個々人で大きく違う病状など、様々な治療パターンが
あるはずなのに、日本で行われている治療の多くは、この様なものが大半です。
メディアで取りあげられるような、型別、症状別の細かなケアを行う糖尿病治療が
一般的になって欲しいものです。



6月 18日のコントロール
朝食前   71 Q6+Q1
3時間   - -  
昼食前   59 Q6+Q1
3時間    
夕食前   64 Q6 バイク30分
3時間   - -  
就寝前   77 N7
赤−血糖値 青−インスリン注射単位

  一日一回! クリックお願いします − 人気blogランキング参加中

□ なんでも掲示板開設しました 皆さんどんどん書き込んで下さい □
posted by: コクボ | 日記 | 20:11 | comments(14) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:11 | - | - |
コメント
 
2007/06/20 9:55 AM
Posted by: ten
こんにちはコクボさん

200ccの牛乳を我慢するお父さんの話は本人にとって切ない話ですよね。

このビデオだと
◎本来の目的 食事管理
◎見た人   食べるのが悪い

こんな受け取り方になるような気がします。食事管理がうまくいかない人が多いのもこんな所にあるのかなと思います。かくいう私もその一人でした。

建前ばかりで無理に食事制限すればいいってもんじゃない
激痩せの私はそんな風に思いました。
2007/06/20 2:07 PM
Posted by:
1型糖尿病と2型糖尿病のどこが違い、どこが同じなのか。それがちゃんとわかっている医療従事者の方がマイナーなんですよ。生活習慣病ではない1型糖尿病患者に食事制限を強要するのがおかしい。もちろん、必要な人(現在の食事がおかしくて太ってるとか)にはしてあげたら良いですが。
2007/06/20 5:39 PM
Posted by: 花楓
わずか半年前ですが私もあのビデオの時間、懐かしく感じます。儀伸況燭ある…といった程度の知識のみあったものの、入院中に必死で勉強したりして。でも教室もテキストも況臣羶瓦世掘病棟の看護師さんに聞いてもよく分からない感じ。退院前の質疑担当の看護師長さんですら結局なんだかあやふやなまま。師長さん、逆ギレ?みたいな場面もあり。幸い、私は信頼出来る主治医に当たりましたが、対応の悪さに転院した儀燭気鵑發い泙靴燭諭帖
2007/06/20 5:47 PM
Posted by: コクボ@管理人
tenさん、こんにちは。
とても切ない場面ですよ。
今、入院当時を振り返ると、このビデオの様な栄養指導を守らなければならない人は、○井君ただ一人でした。
私以外は2型の患者さんでしたが、皆痩せてましたよ。
そして、インスリン治療を受けられてました。
俗に言う、生活習慣からくる肥満型糖尿病患者はいらっしゃいませんでした。
年配の○藤さんは激やせなのに、1500Kcalと私より酷い食事でした。

日本の治療って、根本的に?な感じがしてなりません。
2007/06/20 5:58 PM
Posted by: コクボ@管理人
(06/20)さん、こんにちは。
>1型糖尿病と2型糖尿病のどこが違い、どこが同じなのか。
仰るとおり。
この違いも分からず、また、現在の症状を見ようともしない医者。変です。
例えば、2型の患者さんでも、すべてが食べ過ぎ、運動不足などの生活習慣から発病したとは言えないと思います。
それなら、元祖DEBUYAのレギュラーや大食い選手権の常連がすべて糖尿病患者にならなければならないわけで・・・。
多分、糖尿病ってもっと症状や発生原因は複雑だと思いますよ。
しかし、画一的な治療しか行われていないのが、現状です。
当然、儀燭任盡従肥満があれば、食事制限も有効でしょうね。
2007/06/20 8:09 PM
Posted by: コクボ@管理人
花楓さん、こんにちは。
全く同じですね。
私はとにかく体重の事が心配で、担当医にどうすれば増えるか聞きました。
「血糖値が安定すれば、戻りますよ」を信じ、食事制限を守っていましたが、一向に変化無し。
退院前の質疑で担当医に「どのくらいで体重は戻りますか?」と聞いたところ、「体重が増えない方がコントロールは楽ですよ」
この言葉にキレました。(暴れはしませんが・・・)
糖尿病治療の本質、つまり、QOLを高める事が、置き去りで、血糖値第一主義的な思想がくみ取れました。
それから、この担当医の事は聞かなくなりました。
現状は、こんな感じなんでしょうね。
2007/06/20 9:00 PM
Posted by: としはる
こんばんは。僕もコクボさんと同じように医師に質問した事があります。
答えも同じようなもので、痩せていると抵抗性が少なく注射も少なくて済むから、良いじゃない的なものでした。
痩せだとその分、低血糖もちょっとしたことで頻発するから弊害はあるんでんですけどね。
その上での質問でしたが…。
IDDMnetworkのお役立ちマニュアルには、そういう点の解説話など、違いと同じ部分も上手に説明が載っています。
2007/06/21 8:38 AM
Posted by: 9日を忘れない
おはようございます。
そういえば、入院中、回診の外科の先生に、
「体重減少が止まらないんですけど」って伝えたら、
「良かったじゃない、糖尿でしょ?」って回答されました。
むっとして、
「BMIが18以下なのに、痩せる必要があるんですか?」って聞き返したら何も仰らず回診終了。
知らないなら判らないって言えよ!!と思いました。
それ以来、自分の担当医以外の回診では、何も質問しなくなりました。
医者と言えど万能ではないって思いました。
 本とはDr.って麻酔科以外は何の診療科の看板を上げてもいいんですってね。
2007/06/21 6:14 PM
Posted by: 火男
こんにちはコクボさん

以前、食品交換表の改訂で、確かご飯1単位が55gから50gになったときのことですが、
そのときの栄養士が、摂取カロリーはそのままで、ご飯の量を減らせと指示してきました。
量はそのままで、カロリーの方を再計算するべきではと言ったのですが、どうも単位数に
固執しているようで、話になりませんでした。

ちょうどその頃、カーボカウントの知識を仕入れはじめ、カロリー重視の食事療法に
疑問を持ち始めた時期であったので、ここで一気にカーボカウント派に傾きました。

「炭水化物(糖質)量を把握し、それにバランスするインスリン量」
これで煩わしいカロリー計算から開放されて随分気が楽になったことを思い出します。
2007/06/21 8:33 PM
Posted by: コクボ@管理人
としはるさん、こんにちは。
>痩せていると抵抗性が少なく注射も少なくて済むから、
困ってしまいますが、ありがちな発言ですね。
しかし、この先生は根っから機↓況燭鮑同してますね。
激やせの儀燭縫ぅ鵐好螢鹹餽垣は無いと思うますが・・・。
ちょっとビックリです。
2007/06/21 8:39 PM
Posted by: コクボ@管理人
9日を忘れないさん、こんにちは。
>「良かったじゃない、糖尿でしょ?」
これ、論外ですね(^_^)笑いました。
私は田舎なので、地域格差が大きいのかな?と思っていましたが、そうでもなさそうですね。

>医者と言えど万能ではないって思いました。
私も、これは、強く感じます。
だから、で医師の意見は聞きますが、やるべき事は自分で決めています。
今のところ成功しています。

確かに私も
2007/06/21 8:45 PM
Posted by: コクボ@管理人
火男さん、こんにちは。
>以前、食品交換表の改訂で、確かご飯1単位が
これは、難しい表現ですね。低血糖の時だと理解不能でしょうね。

カーボカウント無しでは血糖値の管理は非常に困難なものになるでしょう。
そして、その他の栄養素をバランス良く程々に摂ることが大切だと思います。
2014/12/11 4:18 PM
Posted by: コダマ
管理栄養士です。
とても残念な栄養指導をうけられましたね。
そして、栄養指導に来られる患者さんも、医師から無茶な話を聞いてくる方はたくさんいます。

医師や看護師、栄養士の知識にバラツキがあるのが現状ですし、
それを患者側で選べないのも実情ですよね。

双方で納得しうまくいく食事療法ができたらいいですよね。
2014/12/11 6:37 PM
Posted by: コクボ@管理人
コダマさん、こんにちは。
今では、信じられないような指導でした。
栄養指導もさることながら、担当の看護士さんは糖尿病についてほとんど知識のない方でした。
そのそも、私の入院した病院は、地域では一番大きな県立病院。
個人病院と比較にならないほど、医師、看護士さんは高飛車です。
今日書いた記事の大腸がん検診も、ここで受けようとしたのですが、大事件が勃発し中止したような次第です。(^_^;)









トラックバック
 
http://iddm.jugem.jp/trackback/376