<< 避けていたもの | main | 大したものだよインスリン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ワンタッチウルトラ2



これは、私がサブ機にしている血糖測定器、ワンタッチウルトラ2です。
日本では認可されていない機種なので、初めて目にされる方も多いことでしょう。

個人的には、最近の三菱の斬新なデザインに通じるものを感じます。
ワンタッチウルトラアイとか? ちょっと可愛い(^_^)

このメーターは、今まで使った測定器の中で、最も使い易いものだと
個人的には評価しています。

良い点
一画面に四回の測定結果が表示出来るなど多機能
測定スピードが5秒と世界最速
血液吸引が、しっかり確認できる



一画面で4回の測定結果が見れてしまいます。これは便利。



平均値も食後、食前、全体の3パターンで計算されます。
写真にはありませんが、測定毎にあらかじめ用意された簡単なコメントも入れられます。


多機能ゆえ、好き嫌いが別れそうな気もしますが、慣れれば非常に使いやすいです。

こもワンタッチウルトラ2もそうですが、欧米やその他の多くの国では
日本で目にしない、新しい機種が沢山出ています。

ライフスキャン社の主力は、このワンタッチウルトラ2とウルトラミニであり、
日本で販売されているワンタッチウルトラは一世代古いものとなりました。
アセンシアブリーズもアセンシアブリーズ2に変わっていて、性能が向上しています。

米国から、最新機種の情報や動向のレポートが入りますが、まだまだ、
その意味では、日本は糖尿病後進国のようです。



6月 25日のコントロール
朝食前   88 Q6+Q1
3時間   - -  
昼食前   80 Q6+Q1
3時間   - -  
夕食前   92 Q6
3時間   - -  
就寝前 139 N6
赤−血糖値 青−インスリン注射単位

  一日一回! クリックお願いします − 人気blogランキング参加中

□ なんでも掲示板開設しました 皆さんどんどん書き込んで下さい □
posted by: コクボ | 血糖値測定器 | 19:42 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:42 | - | - |
コメント
 
2007/06/27 1:11 PM
Posted by: Tetsuya-Papa
こんにちは

>その意味では、日本は糖尿病後進国のようです。

この部分が引っかかったのでコメントさせていただきます。

DMに対する認知や理解といった分野では日本は「DM後進国」でしょう。でも、技術的な部分ではどうでしょう?

例えば私達が使ってる注射針、世界中の物理学・プレス工学の権威が「理論的・物理的に32Gより細い針の製作は不可能」と言っていたのに、メーカー担当者の「患者の負担を軽減したい」という想いと世界一の技術が出会うことで不可能を現実のものにしました。

測定器etcにしても、小型化・高性能化がお家芸の日本のメーカーが本気で取り組めば1年足らずで欧米メーカーの次世代モデルを凌ぐ機器の開発が可能だと思います。日本のメーカーがそれをしない理由は、現在市場を寡占している欧米メーカーの圧力に他ならないでしょう。

特にアメリカという国は、自国の製品を売り込むためなら商売相手(輸出相手国)に銃を突きつけての交渉も厭わない国ですから・・・
2007/06/27 4:18 PM
Posted by:
医療の現場で1型と2型を完全に一緒にして教室にぶち込んで同じ食事まで強要している国なのだから、あらゆる点で遅れているのも当然かと。ある意味進んでいるのは自分で勉強を進めて生き延びている患者当人だけだったり。
2007/06/28 8:19 PM
Posted by: コクボ@管理人
Tetsuya-Papaさん、こんにちは。
言葉足らずだったようです。
国内販売メーカーの都合で、機種の入れ替えがスムーズに行えていないかと思い、その意味で使わせていただきました。
2007/06/28 8:22 PM
Posted by: コクボ@管理人
(06/27)さん、こんにちは。
>ある意味進んでいるのは自分で勉強を進めて
結構きつい言い方に聞こえますが、実際、自分を守るのは自分しかいないと私も思います。









トラックバック
 
http://iddm.jugem.jp/trackback/380