<< きらっといきる | main | 主治医 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

好きこそものの上手なれ

糖尿病をきっかけに始めた自転車ですが、今ではロード乗りになってしまいました。
レースやイベントに出るほど実力も勇気もない、日曜ライダーですがメカには詳しくなり、ほとんどの整備は自分で出来ます。
出来ない作業は、高額な特殊工具を使う部分と、ホイールの触れとり。
ホイールの触れとりは、以前挑戦しましたが、自分の感性に合わないのでショップにお願いしています。

今回の自転車はフレームセットを手に入れ、67アルテで組みました。
我ながら満足の出来。

一つ気に入らないのが、アウター(フロント)×ロー(リア)とその下でチェーン鳴りが出ること。

前モデルにあたる66系アルテグラや56系105は、車種によりインナー×トップから2枚程度は完璧に調整してもアウターチェーンリングにチェーンが擦れ、チェーン鳴りがしてしまう現象が報告されていました。
噂では、これを回避すらため新シリーズのチェーンリングは若干の仕様変更をしているようです。(アウターとインナーの間隔を広げたとか?)

これにより、67系のアルテグラでは、インナー×トップに入れても、アウターチェーンリングに擦らなくなったが、
アウター×ロー側でチェーンが擦れて音が発生するケースがあるようです。
まさしく私の場合がこれにあたります。

シマノも、アウター×ロー・インナー×トップの使用を薦めていませんが・・・。
私は、アウター×ロー近辺をよく使うため、慣れるまでは少し辛い状況です。

糖尿病が発覚、即入院、即インスリンと、一時はどうなることかと思いましたが、知識をつける事によりほぼ満足のいくコントロールも出来ています。
「好きこそものの上手なれ」いろいろなものに共通していますね。



3月 4日のコントロール
朝食前   81 Q3
3時間   - -  
昼食前   - -  Q8 バイク 30分
3時間   - -  
夕食前  105 Q8 バイク 30分
3時間   - -  
就寝前   82 L8
赤−血糖値 青−インスリン注射単位


  一日一回!クリックお願いします−blogランキング参加中

□ なんでも掲示板開設しました 皆さんどんどん書き込んで下さい □
posted by: コクボ | 自転車 | 16:24 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 16:24 | - | - |
コメント
 
2011/03/05 12:14 PM
Posted by: 樫
こんにちは
コクボさんはコントロールも良く、ポジティブに考えるお人なので病人て思えないですよね
悩むことも余り無いだろうし、結果として書くことも少なくなり・・・・・またその結果がこの記事かなあと邪推しました!爆
もうすっかり自転車乗りのブログです

今からまたいい季節になりますね
自転車を漕いでいると、耳に当たる風がすでに心地良いですよ
寒桜が散ってしまい、山桜やソメイヨシノが咲き始めています
2011/03/05 6:27 PM
Posted by: コクボ@管理人
樫さん、こんにちは。
一応、私も人波に悩むことはありますよ。
毎日のように、悩み事が出ます。

私の住む半径50キロ以内に、自転車のプロショップがないので、自分で修理できるようになりました。
今では、これが幸いしたのだと思います。この辺がポジティブ思考です。
こちらはまだ寒く、耳がとれそうに痛みますよ。
早く春が来ればいいな〜
2011/03/07 2:45 AM
Posted by: shiyo
おばんどす。
私の場合どういうわけか病気を発症してから食べる量がどんどん増えてきてます。なのにA1cは下がる体脂肪率は変わらずで体重は微増で???という状態です。絶対に4%台にならないと思っていたら4%台が簡単になってしまいました。やはり毎食後の運動が効果があったのでしょうか。

自転車の触れとりなかなか面倒ですね。私の場合職業柄絶対避けては通れませんが。
最初はニップルを手で締め付けてそれからニップルまわしで均等に締め付けていくと勝手に触れがとれるとか。まだまだ修行は続いてます。
2011/04/03 6:27 PM
Posted by: boss
私のRNC7も67系アルテです。

アウター×ローは音鳴りすることは確認できていません。
というか、6年乗っていますが、アウター×ローの組み合わせは使ったことないです。

音鳴りよりもチェーンに負担がかかってしまうと思います。









トラックバック
 
http://iddm.jugem.jp/trackback/846